健康運動教室

高齢者(シニア層)のための健康運動
健康寿命のカギは運動による健康習慣

高齢者の不安の一番は健康に対する不安
内閣府の「高齢者の日常生活に関する調査」では. . .
『自分や配偶者の健康や病気のことが気になる』が最も多く7割以上を占めます。

健康寿命を縮める3つの大敵

  • ロコモティブ症候群
    骨や筋肉、関節などの運動器の衰えや障害によって「立つ」「歩く」といった動作が難しくなり、介護が必要な状態やそのリスクが高い状態。
  • メタボリック症候群
    内臓に脂肪がたまることに加え、高血糖、高血圧、脂質異常を2つ以上持った状態。
  • 認知症
    最も多いのは、脳神経細胞がゆっくり死んでいく「変性疾患」でアルツハイマー病はこれにあたります。

3つの大敵にならないためには

原因は加齢による筋肉の減少(サルコペニア)

  • 足腰の筋肉の低下
  • バランス能力の低下
  • 視力の低下

健康で長生きするには. . .

「筋肉を鍛え維持し増やしていくこと」が極めて大切です!!
それには “運動を楽しむこと”が必要です。
『健康運動教室』は気軽に始められる健康習慣となります。

  • 楽しい
  • 継続できる
  • 活動的になる
  • 筋肉がつく
  • 代謝が活発になる
  • ロコモ・メタボが改善する

継続できれば、結果的に加齢による身体機能の低下や認知症の予防・改善が期待できます。